動画制作サービス事情あれこれ

思い出は心の中だけじゃない!形に残すのが今流

思い出に残す一生に一度のこと

お子さんが生まれてから日々の成長や行事のたびに撮る写真、今ではスマホで簡単に動画が撮影できます。 撮影された動画をたまに見返すだけではもったいないです。 何かの拍子にデータが失われてしまうかもしれません。 そうなる前に、プロに編集をお願いして一枚のDVDとして残してみてはいかがでしょうか。

30秒で届く手紙

誰かに何かを伝えたいとき、直接会って言えない時、効果的なのは手紙もいいですが、ビデオレターというのはいかがでしょうか。 VHSが廃れてしまった現在ですが、もっと手軽にスマートフォンで撮影して送ることができます。 そんな、伝える手段としての動画についてまとめました。

グリーティングカードは動画作成アプリ

誕生日やお祝い事に贈るメッセージカード。手書きのメッセージを書き込むのはもちろんのこと、ポップアップカードや、ボタンを押すとメロディーが流れるカードなどさまざまなカードがあります。 最近では、動画でメッセージを伝えるカードもあります。 動画メッセージカードについてまとめました。

動く写真を残します

動画制作会社が依頼を受ける動画で、圧倒的に多いのが結婚式にまつわる動画です。
式を撮影した動画はもちろん、最中に流す動画や、お祝いのメッセージ動画などです。
特に花嫁さんは、一生に一度、人生において主役になれる日なので、後になって何度も繰り返し見ることが出来る心に残る映像として残しておきたいと考えます。
友人や親族に撮ってもらうよりも、ここはやはりプロの方にお任せしたいもの。
撮った映像を披露宴の最後に流すなんて演出をしてみたいものです。

プロの方にお願いすると、どんなことができるのでしょうか。
通常の動画編集はもちろんのこと、テーマに沿った撮影・編集をしてくれます。
例えば、笑いをテーマにした面白映像を中心としたムービーだったり、映画のワンシーンのような演出を取り入れた動画だったりと、希望次第でいかようにも作ってくれます。
その分、費用も掛かってしまいますが。
特にこだわりはないが一応プロに撮って欲しい。
普通がいい。
どんな風にすればよいのか分からない。
映像にお金をかけたくない。
という人は、テンプレートにそった映像を基本の料金で作ってくれますので安心です。
反対に、映像に拘りたい人は、自分の好みや希望を詳しく伝えると、その分自分らしい動画が出来上がること請合いです。
式の撮影でも、時系列でそのまま編集するのではなく、記録映像にも工夫をすることが出来ます。
世界に一つだけの、一生残る映像を作ってみてはいかがですか。